ごあいさつ

社名の「CREWT」は、技術の革新ばかりにこだわらずに、すでに世の中にある優れた技術を織り上げ、隠れたニーズにマッチした「新たな価値」の創造を目指す!このような思いをこめて「Creation(創造)」「Weave(織る)」「Technologies(技術)」の頭文字をとった造語です。

我々は、光学技術をコア技術として、技術者自らが医療の現場に密にかかわり、既成概念で素通りしてしまうことなく医療に係るモノ・サービスを見つめ直して新たな価値を創造してくことを行動指針としCREWTismと名づけました。

そして、CREWTismを発揮する場として眼科を、その中でも主として緑内障を対象と定めました。緑内障は、現在失明原因一位の疾患であり、自覚症状がほとんどないため、罹患しているにも関わらず気がついていない人が300万人以上いるとされています。日本の超超高齢化社会においては今後ますます高齢になっても社会とかかわりを持つ生活が余儀なくされ、そのため生涯「よく見える」眼を維持していくことは大変重要なことと捉えています。

このCREWTismをもって医療受療者にも医療従事者にも優しい機器・サービスを開発、提供し、「生涯よく見える眼を維持する」、人々のクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上に貢献してまいります。

代表取締役 江口 哲也
代表取締役 江口 哲也

 

 

 

 

 

代表取締役 略歴
1986年より2008年まで、国内大手精密機器メーカーにて、レーザー応用医療機器製品の企画、開発・技術、薬事、営業などに幅広く携わる。
2013年 株式会社クリュートメディカルシステムズ起業のために同社退社。

慶應義塾大学大学院工学研究科機械工学専攻修士課程修了